リアルタイムで多くのデータを可視化

品質改善

リアルタイム診断とオフライン分析の両輪でものづくりをリアルタイムに改善

三菱電機株式会社 
「産業用PC・リアルタイムデータアナライザ」

三菱電機株式会社
「産業用PC・リアルタイムデータアナライザ」

生産現場で発生するデータから不良や異常発生の兆候をリアルタイムに検知し、迅速な対応・改善を行う「リアルタイム診断」は、FAの現場に欠かせません。「リアルタイムアナライザ」は、常に発生するデータをAIが診断し、異常の兆候を検知した場合は直ちに現場へ指令を出します。またそのために、過去のデータを分析して正確な診断ルールを生成する「オフライン分析」により、効率的で多様な分析手法を実現します。

FAとITを協調させるオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームである【EDGECROSS】対応

岡谷グループでは検査システムから上位監視システムまで構築可能。

【岡谷グループでのオリジナルシステム構築のご提案】

【岡谷グループでのオリジナルシステム構築のご提案】

材料の投入から製品出荷までの製造にかかわる情報を見える化することによりタイムリーに不良発見~対策を行うことができ、品質の安定と管理が実現できます。
仕入先/製造/検査/出荷に関わる情報収集、見える化システムの構築のご提案が可能です。また必要とされる生産設備(レーザーマーカー、加工機・切削工具、ロボット)のトータル提案が岡谷グループであれば可能です。